千葉県立中央博物館 桃尻に美脚

千葉市在住の僕のセフレは、
20代前半の綺麗系。
均整のとれたセクシャルな肢体。
アダルトショップでAVを買った後、

千葉市のホテルに行った時、

かなりの敏感体質ですぐにアソコは大変な事に・・・シーツをいつも汚してしまうくらいの洪水ぶりです!
ピンク色の乳首に押し当てながら、クンニです。
愛嬌溢れる豊かな表情と優しい大人の女性らしい雰囲気、そして濃厚で丁寧な愛情たっぷりのフェラは忘れられません。
フェラは口に含んでズボズボ舐めてくれます。
色っぽく動くセフレを指と舌で攻め続け何度も何度も喘ぐ声が大きくなり、たくさんシーツを濡らしてしまいました。
指をいれてGスポットを刺激するとだんだんと濡れてきて、ビチョビチョになっちゃいました。

千葉県立中央博物館で企画展「カミツキガメ」 野生化問題と防除の取り組み紹介

 企画展「カミツキガメ どのような生きものか?いるとなぜいけないのか?」が現在、千葉県立中央博物館(千葉市中央区青葉町)で開催されている。(千葉経済新聞)水田畔の草の間から顔をのぞかせたカミツキガメ カミツキガメは、北米原産の外来カメ。ペットとして飼われていたものが野生化し、県内の一部の湖沼・河川・水路などに増えて問題となっている。一般的なカメの特性、剝製標本や生態写真などを使ったカミツキガメの特徴、野生化して引き起こしている問題や、印旛沼水系で展開される捕獲事業、わな実物展示などの防除の取り組みについて紹介する。

 「カミツキガメの特徴」「カミツキガメがいてはいけない理由」「カミツキガメ防除」「カメの科学」「生きたカミツキガメを小動物展示室で見られる」5つのテーマで展示する。関連イベントとして、12月15日に講演会「カミツキガメについて語ろう」、11月2日、11月24日、1月13日は展示内容を解説するミュージアムトークを予定する。

 開館時間は9時~16時30分。休館日は、月曜日(11月4日は開館)、11月5日、12月28日~1月4日。入場料は、大人=300円、高校生・大学生=150円、中学生以下・65歳以上無料。1月13日まで。